2011.11/21 Monday

EYE OPEN THE HEART-Opening Your Poetic Vision

 ハートの眼ーポエティックビジョンを開く

今年3回目の
シドのペインティングワークショップの開催です。11月23日(祝)まだまだ間に合いますよ!

今回もサウンドクリエーターのサンデッシュが参加してくださり
その場で音を奏でてくれます!

いつもスペシャルな時間なんです!!



絵を描いたりしたことないから〜

絵を描くことは苦手〜

というような長年温存する条件反射の思考がついつい先に表立って、
本質にある
自分のクリエイティビティーを
否定しがちの方、フィーリングに気後れしがちな方はぜひこのワークを
一度受けていただきたいと心から思います。

絵を描くとか、歌う、詩を書く、演奏する、踊る

お料理する,祈る その他すべての創造的な行為は
人間の 根源的なクリエイティビティーの本質です。
すべての感覚で循環しています。

特に絵を描く行為はひとの原初的なテーマにつながっているとおもいます。

体も思考も活性化し、感受性の受け取るままに自発的に
描いていくという行為は

内側を一つにしていく美しいプロセスです。

シドの長年にわたるキャリアは私たちが

義務教育で習ってきた美術教育のもろもろのもろもろを剥がし、
存在のアートへの目覚めを促してくれます。

そういえば私も子供のころ、美術の時間に果物の静物画を描いていて

バナナを緑に描いたり、リンゴをブルーに描いたりして
ずいぶんと楽しんでいたのに、先生からのコメントで、
不思議な違和感を感じたことを覚えています。

それはなんだったかは忘れました!(笑)

忘れるくらいなので大したことではないかもしれません。

しかしその時の自分の絵は鮮明に覚えています。
私にはその果物たちがそのように見えたのです。

今、こうしてシドのような存在と出会ってこのようなワークを開催できることに

感謝します。

ところで小さい頃はなんだってできると思ってました。よね?

なんだか楽しいことイメージして遊んでたよね。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

クリエイターコースも、すばらしいです!
スタポにて
11月19日



詳細は
スターポエッツHPをご覧ください。

http://www.star-poets.com





<< シド マリークラークの絵画の世界 | main | GIFT 〜自分の中にある宝物〜谷川絵里子 写真展 開催中!! >>

COMMENTS









   

TRACKBACKS

 TRACKBACK URL »