2011.09/17 Saturday

Rainbow Blessing Gathering vol2

 このところ

日々の日課になった

ホ・オポノポノの
ヒューレン博士からのヒーリングフレーズ

「マジェンタマジェンタ放射能」

唱えながら

肉体の中で化学変化が起こっているようなファンタジーが襲う。
それは居心地の悪いものではなく、進化系のシフトです。

だからこそ
肉体が在る。
まずは自分にとってポジティブな行動でのバランス感覚

反応している自己ではなくて
自ら行動していくためのエネルギーの供給について恐怖よりも
畏れ、恐れよりも愛を信頼していくために
たくさんの課題とギフトが待ち構えています。よっしゃっ!OK
受けて立つぞ!

今、もっともポジティブな思考のエネルギーの使い方が大事だと思います。

そして知りたいことは調べることができるけどやっぱり自分がリンクしていく
情報って自分が引き付けてもいるわけなので
その時々の自分のレベルで消化し、納得していく
ことのできる思考には
限界があります。それはこれ以上はわかんないよっていう体の反応です。

だからこそ何を共有したいかについて選ばなくちゃな。と思います。

だからこそそのちょっとした限界をちょっとずつ
超えていくことにチャンスを見出したりもできます。
身体感覚を研ぎ澄ませていく
ことを大切にしていきたいな。
女性性のフィーリングですね。マザー的な懐を養うみたいな感じでしょうか。

私の星のチャートのテーマにはやはり1960年代生まれの時代的なプルートおとめ座のレッスンが
かなりあって
またこれが水がめ座(新しいことやりた〜い)にサターン(時間の父が見張っている)がいて
この父ちゃんにいつもテストされているみたいなのがあるんですね。
(ちなみに占星学は本当にいいですよ!)

古い父親的なパターンのコントロール下でも、なんとか承認を求めて
父さんに認められなくてはならない。
というような無意識にある層で
必死になって生きてた少女が居るんですが、

その子がそろそろそのシナリオに気づいちゃって
なんだかもういいやって言ってるですね。
肩の荷をおろして、あーあもういいよ!なんだか飽きちゃったなー!
このゲームって感じでね。


でもそれって私自身にとっては自然なことのようです。
からだは正直なので発見したらうれしくなるっていうか。
そんなわけで
本能的な野性的な感覚機能やセンサーを曇らせないように
生きることのほうが信頼できるやり方ではないかと
思います。


なんだかおかしいなって思ったらそのセンサーは機能してるんじゃないかしら。


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


さよなら原発1000万人アクション

http://sayonara-nukes.org/

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1220


☆こちらの番組お薦めです。




小出裕章(京大助教)非公式まとめ

に最新の原発に関するデータが出ています。

http://hiroakikoide.wordpress.com/

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


9月24日(土)スターポエッツにて、ガラス作家、具 順美さんのご提案による
キャンドルナイトを開催します。

くーさんの美しいガラス作品のインスタレーション!
”Re ” にたくされる
灯されるキャンドルの光。
祈りを分かち合うことで震災後の変化のプロセスの中に在る私たちの心をつなげ合って

多くの犠牲になった命の鎮魂へと向き合います。

詳細は下記よりご覧ください。
私はこの日、浜松にてともに祈ります。

http://www.star-poets.com/spg/event/20110924.html


Rainbow Blessing Gathering vol.02 - Koo Jung Mi Presents Candle night  


そして明日、9月18日(日)シデナのペインティングワークショップも開催です。

ひたすら無になっていく作業

沈黙に入り、なおさらのこと内側で躍動する。

自己の存在の内部に触れるように絵を描く

私も久しぶりに参加します。

いっしょにシデナのワークでリフレッシュしませんか!
まだ間にあいますよ!

http://www.star-poets.com/spg/semi/siddhena/2011.html


☆こっちもついでに更新しました!
http://ameblo.jp/shainestar/

<< 支笏湖ブルー  | main | veeroのニット展 今年も開催です! >>

COMMENTS









   

TRACKBACKS

 TRACKBACK URL »