2010.12/09 Thursday

銀河の旅人★坂本武典の世界

 

 



熱海のおおらかな海と山に囲まれた自然の中ですくすくと神童は

育っていった。

 

武ちゃんこと坂本武典画伯。

 

何色ものブルーを重ねてできた美しい空の青。

すがすがしいほどに幸があふれるその青空をバックに

武ちゃんが小さなころから見つめていた富士山のお顔。

木花咲耶姫の衣が舞うような淡いピンクの桜の花びら。

黄金の風が中心から発光している。

 

私はこの富士山の作品にしばしみとれてしまった。

その青と桜色の原風景は

私たちの心のふるさとでもある。

こころのというよりはスピリットの故郷か。

ホーリーマウンテンFUJI

その晴れやかさといったらあっぱれである。

武典(ブデン)氏の暗黙にうねる、のびやかな確信的な筆の遊びに気分が踊る。

あっぱれ感とともにあるのは繊細で自在な色遣い。

 

私たちにとって故郷とはこの銀河宇宙である。

といわんばかりの

ブデン的うちゅう感。

今回のDMに使用させていただいた月夜に銀河を歩いているような

ブタさんはブデン氏曰く、自画像だとおっしゃる。

そのスターチャイルド代表

銀河からの使者は、熱海の杜で3歳から絵を描き、

19歳のときから絵描きとして生きている。

大きな体にほんとに大きな宇宙の器を持っていて

絵を描くごとにたくさんの豊かさが運ばれている。

新しい日本画家のクオリティを顕現していく方だろう。

 

武ちゃんの作品が磁場にあるとリッチだね!!

風水的に○!!
と豪語する自分がいた昨日のオープニングセレモニーである。

そしてなにしろ武ちゃん画伯の存在そのものに癒されますので

ぜひ武ちゃんと作品たちに出会いにきてください。

12月11日()は13時より“鉱石で絵を描こう。”

ワークショップも開催です。

 

詳細はHPからどうぞ!


 

 

 

 

<< シデナとサンデッシュのフェローシップ〜コラボレーション11月27日(土)〜 | main | 2010年振り返り、見上げてあれこれ。あこがれあれこれ2011年へ 〜祝 >>

COMMENTS









   

TRACKBACKS

 TRACKBACK URL »